過去の卒業論文・修士論文・博士論文の題目です.新しい年度から過去に遡っていきます.

エージェントグループ

[2016] [2015] [2014] [2013] [2012] [2011] [2010] [2009] [2008] [2007] [2006] [2005] [2004] [2003]

2016年度

修士論文
王 宇 子どもの語の理解過程と産出過程を考慮した初期語彙発達曲線の計算機シミュレーション
内田 嵩 歩行者と自動車との新たなコミュニケーション方式の提案に向けて:歩行者の視線計測結果の分析
塚本 亜美 ヒューマン‐ロボット・インタラクションにおける創発的なインタラクション・モード遷移
辻 勇一朗 マイクロブログにおけるパラレルトピック対話の最適分割手法の提案
服部 侑介 人とロボットとのインタラクションを通した終助詞の意味獲得
神山 薫 モジュール型強化学習における上位概念の学習と入力選択
卒業論文
高橋 卓見 打楽器自動演奏により躍動感の演出を行うピアノ基礎練習の動機付け支援システム
髙橋 ともみ 選択肢式対話におけるプレイヤー主導とNPC主導の適応的な切り替え
寺岡 弘貴 人-ロボット・インタラクションを通した語意獲得におけるロボット側の発話の効果
西村 宏武 アメリカンフットボールにおけるオフェンシブライン選手の動作認識
松尾 星吾 深層学習と強化学習を用いたゲームAIへの時系列予測の導入

2015年度

修士論文
LIU YE スマートフォン=ロボットと人との継続的なインタラクションが人の行動に及ぼす影響
髙島 愛理 ユーザーの孤独感を和らげる書き置きエージェントの提案
西田 亮輔 共感するロボットの実現に向けての時間的随伴性の検討
前田 真梨子 不覚筋動を用いた相談システムによる隠れた選好の推定とエージェントへの意図性付与の検討
卒業論文
末次 雄介 母親の子育ての仕方が子どもの性格に与える影響:子育て支援システムの作成に向けて
高井 利将 インタラクションを通した数の概念の獲得のシミュレーション:内部報酬の効果の実験的検討
廣田 敦士 身体姿勢と時間割引の関係:上を向くことによって生じるembodied cognition
吉﨑 美紗 多人数が映る動画からの表情解析: 子どもの興味の対象を見つけるシステムの作成に向けて
古橋 翔吾 帰納論理プログラミングによる代用に必要な知識の獲得

2014年度

修士論文
西澤 良真 継続的な英語学習を目的とした割込み型リスニングシステム
土坂 恭斗 ポケットモンスターの対戦における人間らしいコンピュータプレイヤの行動決定手法
髙岡 勇紀 人とロボットの相互適応過程を考慮したロボットの学習方法の提案
卒業論文
内田 崇 周辺認知テクノロジーを取り入れた会話切り上げシステム実現のための一検討
塚本 亜美 「危ない/OK」などの声掛けに対する反応を学習するロボットの実現に向けて
辻 勇一朗 ベイズ階層n-gram言語モデルによる教師なし形態素解析システムの構築
服部 侑介 人とロボットのインタラクションを通した終助詞「よ/ね/か」の意味獲得:終助詞による内部情報処理の切り替えの学習

2013年度

修士論文
小川 貴弘 注視点からの奥行情報を用いた視覚的注意モデル
柴田 諒子 人-ロボット間の継続的な関係構築に向けての実験的検討
松岡 啓 ロボットの視覚と固有受容性感覚からの動作指令の意味獲得
卒業論文
岡本 拓也 平面的な目を描画したディスプレイから感じられる視線方向と印象に関する研究
神山 薫 モジュール型学習モデルにおけるモジュールの切替とモジュール自体の処理の同時学習
髙島 愛理 Do-seiさん:タイマー設定の書き置き風通知による独り暮らしの寂しさの軽減
西田 亮輔 共感するロボットの実現に向けての模倣機能と共感度に関する基礎検討
前田 真梨子 不覚筋動と遅延呈示を用いた占い風相談システムによるユーザの隠れた意思の推定

2012年度

修士論文
坂戸 達陽 連続空間における模倣と自律行動の計算モデル
佐藤 佳織 実物の絵本を用いた遠隔絵本読み聞かせシステム
荒木 修 共起頻度に基づく語意獲得の計算機シミュレーション
藤原 菜々美 ロボットの内部状態を映像で伝え分けるためのトランジション効果
HASANOV TOFIG Combining rational and irrational techniques in Multi-Agent Systems
卒業論文
高岡 勇紀 人とロボットの相互適応は意思疎通の成立を促進するか:
「手さし」によるロボットから人への意図伝達場面における実験的検討
土坂 恭斗 ベイズ推定によるポケットモンスターのNon Player Characterの性格特性表現
西澤 良真 首振りディスプレイエージェントのための黒目位置の計算モデル
大上 涼麻 人とロボットのインタラクションを通した機能語の意味獲得:
「終助詞の意味」を「発話に対する適切な行動」であると捉える立場から

2011年度

修士論文
坂本裕太 自由度の高いモジュール組み換えとモジュール機能の同時学習
更谷 健 子どもとのやりとりができる絵本読み聞かせシステム
柏木 康寛 粒子フィルタを用いた視覚的注意モデル
卒業論文
小川 貴弘 エージェントの心象映像生成のための連想手法
柴田 諒子 Does Talking to a Robot in a High-Pitched Voice Strengthen an Attachment?
寺本 将哉 視覚の注意モデルを模した注意を引く音の抽出
野々口 直宏 発話に対する適切な行動としての意味獲得:終助詞「よ」「ね」を中心として
松岡 啓 ロボットへの動作指令からの組合せ合成可能な意味の獲得

2010年度

博士論文
田中 一晶 人‐ロボット教示インタラクションにおける「間」の有効利用に関する研究
修士論文
井上 茉莉子 ロボットの視覚的注意モデルによる人の顔の向きの追従
小西 広隆 遠隔操作ロボットの動作情報からの人の操作意図の推定
中谷 仁 ロボットの語意獲得と行動生成のためのユーザの発話分類
坂本 聖也 誤認識に着目した音声認識の楽しさの分析
野口 直起 自律移動ロボット群による協調搬送のための編隊移動制御
本多 透 モジュール組換型アーキテクチャにおける言語教示を用いた内部情報処理の学習
卒業論文
荒木 修 指示詞と普通名詞の同時意味獲得の計算機シミュレーション
坂戸 達陽 模倣と自律行動の計算モデル:自他の行為の対応認識と属性の重要度の学習
佐藤 佳織 絵本読み聞かせシステムの実地実験の結果報告とその考察
西垣 貴央 イラストを用いた人‐ロボット間のインタラクション手法 -語意学習中における内部状態表示の効果について-
藤原 菜々美 心象映像を用いたエージェントの内部状態表示
米井 将二 強化学習と類推に基づく行動選択手法の提案

2009年度

修士論文
小野 広司 最終行動ヒューリスティクスを用いた状況推定による自由発話音声データからの語句意味学習
黒田 龍二 音声教示と直接教示と自律学習によるロボットの動作獲得
猶谷 暢公 ユーザの好みに近付ける音色変化手法の提案
林口 円 複数のユーザによる入力を管理可能なアノテーションツールの実装と評価
卒業論文
石崎 達也 主導権のやりとりに注目した協調作業データの分析
植村 竜也 言語獲得実験用食卓シミュレータの設計と実装
高田 宏明 食卓場面での参照的意味と機能的意味の獲得
冨永 善視 抽象的な指示に応じてロボットのふるまいを変化させる方法の研究
柏木 康寛 粒子フィルタを用いた視覚的注意モデルとその制御
更谷 健 実物の絵本を用いた読み聞かせシステムの開発

2008年度

修士論文
奥村 真由子 感覚入力と感情状態に基づいて絵を描く行為の認知モデルの構築
三谷 岳 ロボットの発話による人の発話の誘導:意図理解の精度向上の試み
住井 泰介 脳の情報認知に関する仮説
伊丹 英樹 最終行動ヒューリスティクスを用いた言葉の意味と行動の学習
板舛 尚樹 物体移動タスクにおける繰り返し予測に基づく行動生成
卒業論文
坂本 聖也 RoboCupサッカーのkeepawayサブタスクにおけるパスの受け手の学習
中谷 仁 ロボットの日常会話におけるユーモア生成の試み
本多 透 強化学習によるモジュールの組換え系列の獲得
小西 広隆 単純回帰ネットワークを用いた迷路構造の内部表現の獲得
長澤 和也 語意獲得研究のためのインタラクション実験データの解析

2007年度

修士論文
田中 一晶 scaffolding(足場づくり)を利用した学習系の構築
卒業論文
黒田 龍二 インタラクティブ探索:人とロボットの協調による動作獲得
田村 篤史 模倣モジュールと予測モジュールの組合せ機構の提案
猶谷 暢公 音楽音響信号に対するオフラインビートトラッキングシステムの構築
西田 知史 効果線を用いた描画と擬音語・擬態語の対応付け学習における概念獲得モデル
林口 円 音声信号中から語句候補を切り出し意味付けするアルゴリズムの実装

2006年度

修士論文
大井 雅文 検索結果提示のための語句クラスタ生成手法の提案
中伏木 新 人との遊びを通して音声・動作パターンの対応付けを学習するシステム
増子 雄哉 発話意図が混在する中での統計的手法に基づく教示意味学習アルゴリズム
山本 晃義 自律的学習と教師あり学習の組合せ手法の提案
左 祥 "no news is good news"規準を利用したロボットの意味学習アルゴリズム
卒業論文
板舛 尚樹 ロボットの走行行動における学習方法の比較
伊丹 英樹 最終行動ヒューリスティクスに基づく教示意味の統計的学習
北川 憲 音声信号中の繰り返しパターン検出による語句候補の切り出し
小林 広司 楽曲群を組織化した空間におけるユーザーの音楽的嗜好の推測
小林 智行 報酬に基づく人とのインタラクションの仕方の学習
住井 泰介 リカレントネットワークを用いた機械翻訳の試み

2005年度

修士論文
春井 宏介 ユーザの適応を利用した意図的動作と偶発的動作の判別
大野 孝紘 ユーザの状況に適応するbgm選曲システムの試作
尾崎 光芳 技能アーカイブのマイニングと可視化による技能修得支援システム
松村 宗洋 交替潜時と韻律情報に基づく随伴的な応答パターンの生成
高橋 昌生 マルチエージェント環境における模倣による協調行動の学習
卒業論文
嵯峨野 泰明 ロボットへの動作教示場面におけるインタラクションデータの収集と分析
川上 茂雄 様々な発話意図の混在する自然な教示からの意味学習
岸本 晋一 人とロボットの協調的な学習による行動獲得
田中 一晶 生き物らしい学習能力による人間とペットロボットの関係の改善
小笠原 真吾 サッカーエージェントにおけるドリブルの模倣学習

2004年度

修士論文
野川 博司 自律的な行動学習を利用した教示の意図と意味の学習
松本 武生 線画における階層的記述の生成とその利用
大濱 太志 適切な特徴選択によるサッカーの戦術判断の研究
―ロボカップサッカーシミュレータ上での実現―
卒業論文
大井 雅文 検索語の履歴を利用して再検索の支援を行うシステム
中伏木 新 人との遊びを通して音声と動作の対応付けを学習するシステム
山田 恭士 動作時の発話データによる意図的動作と偶発的動作の判別
山本 晃義 サッカーエージェントにおけるログファイルを利用した模倣学習
井下原 誠 応答の仕方を教えることができるロボットインタフェースの試作

2003年度

修士論文
小柏 博之 インタラクションを通じた強化学習による行動と言語の獲得
櫻井 晴章 意図的動作と偶発的動作の判別手法の提案
井上 武史 連想的かつ操作可能な表象の獲得
卒業論文
大野 孝紘 ユーザの意図を意識した感情遷移システムの提案
―「気の合うエージェント」の実現に向けて―
尾崎 光芳 対話システムにおける意味解釈の学習
水主村 清治 痛みの共感と痛みを表す言葉の獲得のモデル化
高橋 昌生 サッカー・シミュレータ環境における強化学習を用いたパスの学習
松村 宗洋 母子間インタラクションにおける時間的随伴性の分析

MMIグループ

[2016] [2015] [2014] [2013] [2012] [2011] [2010] [2009] [2008] [2007] [2006] [2005] [2004] [2003]

2016年度

修士論文
林 卓矢 常識から外れた雑談応答の検出
松本 颯太 対話行為連接の妥当性と意味内容の類似度に基づいた雑談応答の選択手法
卒業論文
加藤 卓馬 高齢者のための体操支援システムにおける追従度の判定手法
中川 翔太 タスク指向対話における発話の適切性の評価手法
中谷 宙詩 雑談対話システムにおける文脈を考慮した応答生成

2015年度

修士論文
中野 哲寛 単語分散表現を用いた話題展開システム
卒業論文
冨増 紗也華 雑談対話におけるマルチモーダル情報による興味の有無の判定
西關 勇貴 擬人化エージェントとの対話による高齢者向け健康維持サポートシステム
堀井 朋 類型毎の検出手法の組合せによる雑談発話破綻検出
森 秀晃 雑談対話におけるシステム発話評価手法の改良

2014年度

修士論文
安田 篤史 雑談対話におけるシステム発話評価手法
井手 麻友美 雑談機能を組み込んだ対話エージェント開発フレームワークの提案
卒業論文
大月 仁志 Word Alignment Model with Longer Contexts
林 卓矢 タスク指向型対話におけるシステム発話の破綻検出
松本 颯太 ユーザモニタリング機能を付加したVoiceXML処理系の実現
外山 椋 対話ログによる機械学習を組み込んだJavaプログラミング環境

2013年度

修士論文
小澤 克貴 マルチドメイン対話システムのための対話記述言語の提案
竹腰 大輔 コンテンツの情報構造を利用したマルチモーダル対話システム開発支援環境
卒業論文
大田 健翔 言い換え処理時に発生する誤りを自動修正するための後編集に関する研究

2012年度

修士論文
鈴木 智洋 目的情報と周辺情報の同時提示による音声ブラウジング
米谷 健吾 顔文字によるバーチャルエージェントの感情表出制御手法
卒業論文
井手 麻友美 マルチモーダル対話記述における関数による解釈表現の検討
西尾 直也 記述論理を用いた対話管理手法の提案
西牟田 勇哉 自然言語質問文のセマンティックWeb検索クエリへの変換
安田 篤史 音声認識結果への顔文字の付与

2011年度

修士論文
荒井 亮太 自然言語質問文からのセマンティックWeb検索表現の生成
弘光 正岳 顔文字からの感情表出の研究
卒業論文
小澤 克貴 セマンティックWeb検索システム開発のためのフレームワークの提案
竹腰 大輔 データモデル定義に基づくマルチモーダル対話記述言語の設計と実装

2010年度

修士論文
井上 良一 音声対話システム開発フレームワークへのユーザ適応技術の組み込み
永山 茂樹 多様な入出力モダリティを利用した動作学習支援システム
春木 智行 セマンティック・ボイスサーチにおけるタスクによらない検索表現の生成
水上 由祐子 マルチモーダル対話システムのためのデータ駆動フレームワークの開発
卒業論文
鈴木 智洋 音声によるWebブラウジングを支援するためのHTML要素に関する提案
米谷 健吾 MMIアーキテクチャ仕様に準拠したバーチャルエージェントモジュールの作成

2009年度

修士論文
上田 真実 オントロジーに基づく音声対話の制御方式
古林 沙夜香 マルチモーダル対話システムのためのユーザ/デバイスモデルの構築
柴原 花奈 障がい者向けコミュニケーション支援機器用プラットフォームの開発
舩倉 悠 セマンティック・ボイスサーチにおける検索表現の生成
卒業論文
荒井 亮太 セマンティックWeb検索における結果提示手法
北河 祐作 ユーザの割り込みに対応したマルチモーダル出力の制御方式
村上 正太郎 メタデータからのインタラクティブプレゼンテーションの生成

2008年度

修士論文
青木 俊樹 データモデルからのマルチモーダル対話遷移情報の生成手法
服部 貴志 コンテンツのメタデータを利用した質問応答手法の提案
中川 祐一 様々なデバイスに適応するマルチモーダル出力分化手法
卒業論文
井上 良一 日常会話用言語モデルの構築
春木 智行 セマンティックweb検索システムにおける質問解析部の研究
弘光 正岳 オントロジーを知識源とした対話管理手法の研究
水上 由祐子 マルチモーダルなrailsフレームワークの開発

2007年度

修士論文
寺村 真加寿 オントロジーを利用した音声入力検索システムの研究
守時 理裕 マルチモーダル対話システムにおけるユーザ適応手法の実現
卒業論文
古林 沙夜香 マルチモーダル対話システムへのユーザ/デバイスモデル導入手法
柴原 花奈 マルチモーダル対話環境における頭部動作取得
舩倉 悠 オントロジーを利用した評判情報検索gisの提案
中田 健介 音声検索システムにおける略語への対処法の提案
上田 真実 検索システムにおける柔軟なwebapiの利用手法

2006年度

修士論文
紅澤 明子 マルチモーダル対話記述言語へのユーザモデル導入の提案
本田 大介 顔画像を用いた興味有無の判定手法の開発
卒業論文
中川 祐一 セマンティックwebにおける知識表現を用いた応答生成手法
服部 貴志 コンテンツ鑑賞システムにおけるweb上の知識を用いた質問応答
奥村 真由子 電話音声案内システムの使いにくさの要因とその分析
光田 淳一 雑談中のタスク指向発話の抽出手法

2005年度

修士論文
立花 健二 マルチモーダル対話記述言語mimlの提案とその処理系の実装
南 芳憲 インタラクティブなビデオコンテンツ観賞システムの構築
宮嶋 麻実 オントロジーに基づくロボットによる家電操作システムの提案
卒業論文
寺村 真加寿 OWL/RDFによる意味記述からの応答生成
守時 理裕 オントロジー記述からの音声認識用文法及び言語モデルの作成
右田 恭兵 モバイルデバイスに適応したマルチモーダルインタラクション方式の提案
石田 郁美 ロボットとのインタラクションにおける事例ベース学習
竹内 謙太 インタラクティブなビデオ鑑賞システムにおける興味認識法の調査

2004年度

修士論文
大迎 純也 多言語音声ポータルシステムの構築
大宮 広義 エージェントとの対話によってユーザの操作を支援するvoicewebシステム
卒業論文
青木 俊樹 多言語音声対話システムにおける応答生成
倉敷 麻衣 ロボットとの音声対話による家電のコントロールシステム
紅澤 明子 多様なデバイスに対応したマルチモーダル対話記述言語の提案
角田 眞美 視聴者の興味と理解のレベルを判別する実験環境の構築

2003年度

修士論文
大沢 政信 対話例とデータベースを用いた混合主導音声対話システムの自動構築手法
川端 英幸 協調的な対話型情報検索システムの開発
岐津 三泰 音声対話を中心にしたロボット制御言語の開発
卒業論文
小寺 秀典 音声対話システムにおけるエラーの修復
立花 健二 広報文書へのユニバーサルアクセスに関する研究
南 芳憲 UMLを利用した音声対話システムのオブジェクト指向開発環境の実装
宮嶋 麻実 ユーザの好みに応じた対話を行うロボットの実現
木田 良教 Webアプリケーションフレームワークを用いた音声対話システムの開発