HAIシンポジウム2011
   2011年12月3日(土)午後〜5日(月) 京都工芸繊維大学60周年記念館




HAIとは?

 HAIヒューマンエージェントインタラクション(Human-Agent Interaction)は,人間とエージェント,ロボット間のインタラクション設計に関する新しい研究開発分野です.ここでは,HAIの背景,目的について,わかりやすく説明していきます.

 この10年間で,一般の家庭に擬人化エージェントとロボットが普及し始めました.その代表格は,MicrosoftエージェントとAIBO, そしてRoomba(ルンバ)でしょう.オフィスアプリケーション上にイルカの擬人化エージェントが現れるの見た方は多いでしょうし,残念ながら生産中止になったAIBOもエンタテイメントロボットが一般家庭に普及する礎を築いたことは,誰も否定できないすばらしい功績です.また,お掃除ロボットRoombaは,世界で売り上げが200万台以上あり,現在も製品開発が続けられている一般家庭に最も普及している実用的ロボットです.

 このように,これまで大学や企業の研究者などのごくごく限られた人たちしか接することしかなかった擬人化エージェントやロボットが,広く一般のユーザと接する,つまりインタラクションをもつ状況で起こる様々な問題に対し,その工学的解決に挑戦する新しい研究分野が,HAI:ヒューマンエージェントインタラクションです.
 注意して欲しいのは,HAI:ヒューマンエージェントインタラクションにおいて,「エージェント」とは,擬人化エージェント,ロボット,人間の3つを意味することです.よって,HAIの扱うインタラクションは,人間-人間の間のインタラクションを含む,以下の3つのインタラクションを指すことになります.これらの3つのインタラクション設計の原理を探り,共通した方法論の開発をHAIは目指します.

  • 人間と擬人化エージェントのインタラクション
  • 人間とロボットのインタラクション
  • エージェントを介した人間と人間のインタラクション

 これまでも,HCI(Human-Computer Interaction),HRI(Human-Robot Interaction)など,人間とコンピュータ,ロボット間のインタラクションを扱う研究分野は存在しますが,HAIでは,人間と擬人化エージェント,ロボット,そして人間-人間のインタラクションを統一的に扱うことを目指す点が,従来のどの研究分野とも異なります.

 さて,実際に,一般のユーザがエージェントとインタラクションをもつようになると,どのようなことが起こるでしょうか.そこでは,以下のような様々な興味深い研究課題が考えられます.

  • 人間とエージェントが上手くつきあっていくにはどうすればよいか.
  • 人間がエージェントに飽きないようにするにはどうすればよいか.
  • 人間がエージェントをどのように感じるか.
  • 人間(社会)にエージェントが受け入れられるためには,どうすればよいか.
  • 人間と協調作業するエージェントは実現可能か.
  • エージェントが人間に合わせるべきか,逆に人間がエージェントに合わせるべきか.
  • エージェントを介した人間同士の豊かなコミュニケーションはどのように実現できるか.
  • 家電をエージェント化すると何が起こるか.

 HAIは,上に挙げた課題に対し,工学,認知心理学,社会科学などの様々な分野から横断的に,その解決に挑戦する新しい研究開発分野です.実際にHAIは,人間とエージェント間のインタラクション設計と呼ばれるアプローチをとります.インタラクション設計とは,以下の方法であり,従来のエージェント自身の設計から,人間とエージェントの関係の設計までの広いスコープをもちます.

  • エージェントの設計
  • 人間とエージェント間でやり取りされる情報の設計
  • 人間とエージェントの関係の設計

 HAIは,まだ確立された統一的方法論があるわけではなく,ケーススタディの段階にある感は否めませんが,多くの大興味深い成果が出始めています.これまでの,エージェント,ロボット研究・開発には,人間とのインタラクションの視点が不十分だったと物足りなさを感じていた研究・開発者の方は,ぜひHAIシンポジウムで共に建設的な議論を楽しみ,HAIという新しい研究フロンティアの開拓に参加されることを願います.






Copyright © 2011 HAI運営委員会