HAIシンポジウム2011
   2011年12月3日(土)午後〜5日(月) 京都工芸繊維大学60周年記念館




HAIシンポジウム2011 (HAI-2011)
(Human-Agent Interaction Symposium 2011)
http://www.ii.is.kit.ac.jp/hai2011/ 


○協賛(予定):

  人工知能学会,電子情報通信学会,情報処理学会,ヒューマンインタフェース学会,
  京都工芸繊維大学


○日時:

  2011年12月3日(土)午後〜5日(月)


○場所:

  京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 60周年記念館


○趣旨:

近年,擬人化エージェントがユーザインタフェースとして利用されたり,ペッ
トロボットが一般家庭に普及するなど,エージェントやロボットが一般ユーザ
にとっても身近な存在になってきています.さらに,その役割も多様化し,エー
ジェントやロボットが人間と協力して作業をしたり,人間同士のコミュニケー
ションを仲介するといった,人間社会をより豊かにする実用的なアプリケーショ
ンが生まれてきています.このような状況の中で,人間とエージェントやロボッ
トが,どのように上手くつき合っていくのか,またそのためには,人間とエー
ジェントとの間に,どのようなインタラクションを設計すればよいのかという
新しい工学的課題が生まれています.

この課題に挑戦し,人間と擬人化エージェント,ロボット,そして人間-人間の
インタラクションを統一的に扱うことを目指す研究開発領域である
HAI(Human-Agent Interaction)が,日本を中心に活発になってきています.
過去5年間に開催されたHAIシンポジウムでは,延べ500名以上の参加者がこの新
しい分野の研究について活発な議論を行いました.そして,今年開催する
HAI-2011では,さらなる学術的な深化と産学間の交流をはかることを目指し,
人工知能,ロボティクス,認知科学,社会心理学などの様々な分野における
HAIの最先端の研究開発に関する発表を広く募集します.

本年は,将来のHAI研究の「核」となる可能性を予見させる論文や、研究者の感
性を刺激する論文を一般投稿の中から選抜し,十分な時間をかけてHAI分野の将
来展望を議論する企画セッションを新設する予定です.将来のHAI分野を切り拓
く意欲的な論文の投稿を期待します.また,最先端のHAI技術をデモする「体験
HAIセッション」も例年通り企画しています.こちらも多数のご応募をお待ちし
ています.


○対象分野:

HAIに関する理論的・実証的研究,各種応用システム開発事例などを広く募集し
ます.たとえば,以下のようなテーマが該当しますが,これに限定されるもの
ではありません.

 * 人とインタラクションを行うエージェント/ロボットの設計・実現方法
 * エージェント/ロボットを介した人間同士のコミュニケーション
 * HAIにおける認知科学,社会心理学,発達心理学
 * エージェントによるヒューマンインタフェース
 * 人間とエージェント/ロボットの相互適応
 * 適応・学習を可能にするインタラクションの設計
 * エージェント/ロボットのアピアランス,表情,ジェスチャーの設計
 * 人間とエージェントの関係性
 * エージェント/ロボットの身体性
 * インタラクションを可能にする知能の解明と実現
 * インタラクションを通して生まれる知能の解明と実現
 * 認知発達ロボティクス
 * 記号創発ロボティクス
 * HAIの要素技術
  - ユーザ状態の推定/学習
  - エージェントの適応/学習
  - エージェントの音声合成/認識
 * CMC(Computer Mediated Communication)環境における身体的なインタラクション
 * HAIの応用事例 など


○企画セッション

HAI-2011では,HAI研究の中心となる課題に果敢に取り組んだ論文や,HAI分野
の将来展望を提示する論文を一般投稿の中から選抜し,企画セッションを組み
ます.本企画セッションでは,十分な議論の時間を確保し,HAI研究の方向性を
創り上げる場としたいと思います.皆様からの意欲的な投稿を期待しています.


○体験HAIセッション

エージェントとのインタラクションには,論文やプレゼンテーションだけでは
語り尽くすことのできない要素が沢山あります.体験HAIセッションは,最新の
HAI研究の成果を広く理解してもらう場としてHAI-2006から開始されました.ロ
ボットやCGエージェントに限らず人間とインタラクションできるエージェント
システムのデモンストレーションについて,多数のご応募をお待ちしておりま
す.


○日程:

 2011年10月7日(金):一般口頭発表申込締切(ロング発表・ショート発表とも)
    ※10月10日(月)に延期しました(2011/10/07).
 2011年10月14日(金):採録通知
 2011年10月28日(金):カメラレディ原稿締切,体験HAIセッション発表申込締切
 2011年12月 3日(土), 4日(日),5日(月):HAIシンポジウム2011


○発表申込,論文執筆要項:

HAI-2011 Webサイト( http://www.ii.is.kit.ac.jp/hai2011/ )よりお願いします.
一般口頭発表の発表形態は以下の2種類です.発表申込時に選択してください.

  * ロング発表(カメラレディ原稿6ページ,発表時間15分,質疑5分)
  * ショート発表(カメラレディ原稿2ページ,発表8分,質疑2分)

なお,発表・質疑の時間は発表件数によって変更される場合があります.また,
企画セッションに選抜された論文については,議論のための十分な時間を確保
します.


○運営組織:

  *プログラム実行委員長:
  岡 夏樹(京都工芸繊維大学)

  *プログラム実行副委員長:
  角所 考(関西学院大学)

  *運営委員(50音順):
  石井 裕(岡山県立大学)
  尾関 基行(京都工芸繊維大学)
  片上 大輔(東京工芸大学)
  加納 政芳(中京大学)
  小松 孝徳(信州大学)
  寺田 和憲(岐阜大学)
  村川 賀彦(富士通研究所)
    米澤 朋子(関西大学)

  *企画委員(50音順):
  今井 倫太(慶應義塾大学)
  竹内 勇剛(静岡大学)

  *顧問(50音順):
  小野 哲雄(北海道大学)
  山田 誠二(国立情報学研究所)

  *プログラム実行委員(50音順):
  稲邑 哲也(国立情報学研究所)
  井上 雅史(山形大学)
  岩橋 直人(情報通信研究機構)
  上杉 繁(早稲田大学)
  植田 一博(東京大学)
  大澤 博隆(慶応義塾大学)
  桂田 浩一(豊橋技術科学大学)
  神田 崇行(ATR)
  菊池 英明(早稲田大学)
  北村 泰彦(関西学院大学)
  久野 義徳(埼玉大学)
  久保田 直行(首都大学東京)
  神田 智子(大阪工業大学)
  小嶋 秀樹(宮城大学)
  小林 一樹(信州大学)
  近藤 敏之(東京農工大学)
  塩瀬 隆之(京都大学)
  鈴木 宏昭(青山学院大学)
  角 康之(公立はこだて未来大学)
  園山 隆輔(T-D-F)
  高田 和豊(パナソニック)
  高梨 克也(科学技術振興機構/京都大学)
  田中 一晶(大阪大学)
  田中 貴紘(東京農工大学)
  長井 志江(大阪大学)
  中川 志信(大阪芸術大学)
  中嶋 宏(オムロン)
  中野 幹生(ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン)
  中野 有紀子(成蹊大学)
  中村 剛士(名古屋工業大学)
  新田 克己(東京工業大学)
  藤田 欣也(東京農工大学)
  藤田 善弘(日本電気株式会社)
  Helmut Prendinger(国立情報学研究所)
  前田 陽一郎(福井大学)
  山口 智浩(奈良工業高等専門学校)
  湯浅 将英(東京電機大学)
	  
download PDF






Copyright © 2011 HAI運営委員会